恋人とスグ分かれてしまう人へ|長続きする相手とはゴリラの物まねが出来る

恋人を探していて、「やっと素敵な人に出会えた!」と思ったのにいざ付き合ってみたら「思ってた人と違う」「付き合ってるのになんだか楽しくない」そう思ってすぐに別れてしまった経験はありませんか?

そんな方は「長続きする相手・すぐ分かれる相手」を見きわめる事が大切なのです。

1.LINEやメールで長文を送らないカップルの方が仲がいい
2.記念日にこだわる人は別れやすい
3.長続きする相手とはゴリラの物マネができる!


大好きな人と長く付き合うには、色々なアプローチの仕方があります。
その内の何個かをここでは紹介していきます。

1.LINEやメールで長文を送らないカップルの方が仲がいい

恋人とのLINEやメールは楽しいです。
付き合って暫くは毎日連絡を取り合う、なんて事もあるでしょう。
一日の終わりに「今日も大好きだよ」と恋人から連絡があれば嫌な事も吹き飛ぶかもしれません。

ですが、此処に大きな落とし穴があります。

例えばデートの約束をする時。
付き合いたての頃に「明日の水族館に行くの楽しみだな。待ち合わせは○○時だよね。気を付けてきてね。夕飯は何処で食べようか?あと~」
長文を送ってしまう人は要注意です。

毎日、長文を相手に送っていたら返信の内容がそっけなくなってきた、と言う経験はありませんか?
また逆に、毎日長文で連絡が来ていたのにある日から短い内容でしか連絡が来なくなったり。
そうなると「あれ?愛情が薄れてしまったのかな」と悲しい気持ちになったりすることがあると思います。
その結果、別れてしまう、なんて事もあり得るでしょう。

しかし、それは大きな勘違いの可能性があります。
人間は物事に慣れてしまう生き物です。
毎日の長文の連絡が日課になってしまうと相手にとってそれが当たり前になり、返信が適当になってしまいます。

もしくは相手があなたに合わせて、最初は長文で文章を送っていたけれど、実は毎日連絡を取るのが苦手だった場合、慣れてきたら短い内容で済ませてしまいます。
だからこそあえて、付き合いたてでも気合を入れた長文ではなく、短い文章で連絡を取るのがコツです。

上記のように「明日の水族館に行くの楽しみだな。待ち合わせ○○時で~」と送るのではなく、最初から「明日の水族館○○時に、待ち合わせだよね。楽しみだな」ぐらいの短文で良いのです。

そうすれば連絡が毎日の日課になってしまっても、短文なら相手も「連絡をする」というハードルがぐっと下がります。

ハードルが下がれば、毎日連絡をするのが苦手な相手でも、LINEやメールが来る確率が上がります。
短文でやり取りを繰り返していたら、自然にくだらない会話を出来るほど仲か深まり、自然に愛情も大きくなります。

最初から短い文章でやり取りをしていれば、相手に「この人は重い」と感じさせることも、「付き合いたての頃のように長い文章がこない。愛情が薄れてしまったのかな」と心配する必要もありません。

LINEやメールは短文で、フランクな関係が恋人と長続きするコツかもしれません。

2.記念日にこだわる人は別れやすい


「付き合って○ケ月記念日」
そんな言葉をよく耳にすると思います。
恋人同士が出会ってからその日まで、色々な事を乗り越えてきてそれをお祝いするのはとても良い事だと思います。
例えば結婚をして、銀婚式や金婚式のように節目の特別な日であれば盛大にお祝いするのは素敵な事です。

けれど、頻繁に「○ケ月記念日~」とその度にお祝いをしていたら、「二人の特別な日」と言う感覚は薄れてしまいます。
またあまり記念日に執着しすぎると片方が忘れていたときに喧嘩になったり、「記念日だから何かしなきゃな」と負担に感じてしまうかもしれません。
最初は気合を入れ豪華にやっていても、段々と適当にお祝いするハメになっては、折角の記念日も台無しです。

実際にあまり記念日を気にしないカップルの方が長続きするという傾向があります。
「記念日を忘れてしまうほど、一緒に居るのが当たり前になっている」というぐらい仲がいい証拠でもあります。

それでも恋人と付き合って「どうしても記念日がしたい」という方には、こんな方法はどうでしょうか。

お互いの誕生日を盛大に祝う
「付き合って○ケ月記念日~」とお祝いするのではなく、一年に一回、覚えやすい日(例えば七夕など)を記念日としてお祝いする


付き合った日が暦の上で普通の日だと、記念日に執着がない人は忘れやすいです。
そして「○ケ月記念日~」とお祝いするよりも、相手の誕生日や「二人で決めた記念日の日」でお祝いをした方が特別な様に思えるのではないでしょうか。
惰性で細かく記念日をするよりも、お互いに負担は少なくなると思います。

しかし、それでも相手が忘れてしまっていた場合もあるかもしれません。
その時は「記念日を忘れてしまうほど、一緒に居るのが当たり前になっている」逆を返せば「恋人にとって自分は日常の一部、なくてはならない存在になっている」とポジティブに考えるのがいいかもしれません。

記念日に振り回されない、それが恋人と長続きするコツです。


3.長続きする相手とはゴリラの物マネができる!

これは実際にゴリラの物マネをするわけではなく、それぐらいにお互いが自分をさらけ出せる関係であるという事です。

男性の場合、付き合いたては自分を格好良く見せようとしたり、女性は化粧や服に気合をいれたりするでしょう。

けれど長く付き合っていけば、それがどんどん億劫になったりするかもしれません。
特に女性の場合、「化粧してない顔を彼氏に見せられない」という声を聞いたりします。

ただ、ずっと付き合っていく中で、自分をずっと格好良く見せたり、化粧をしてない顔を見られずに一緒に居るのは難しい事だと思います。

「恋人と長続きしない!」と言う方は、自分自身に背伸びをしている可能性があります。
相手に良く見られたいと頑張った結果、疲れてしまって別れてしまったりを繰り返してしまいます。

最初からありのままの自分をさらけ出すのは難しく、怖い事だと思います。
けれど、無理をしていない本当の自分を受け止めてくれる相手との方が、一緒に居て幸せだと思えるのではないでしょうか。

実際にゴリラの物マネを大人がしたら、それは馬鹿馬鹿しい姿だと思います。
けれど、そんな馬鹿馬鹿しい事を二人で共有出来たら、これから先のどんな困難でも乗り越えられる関係性になれると思います。

些細な事でも喜びを分かち合えるというのは、考え方が似ている、と言う事です。
考え方が違う人とずっと付き合っていくのは難しいと思います。

「長続きする相手・すぐ分かれる相手」を見極めるには

  • 短い文章でも相手に思いが伝わるのか
  • 特別だけど相手が日常の一部に溶け込む程に近い存在なのか
  • 自分が背伸びをしないで馬鹿馬鹿しい事を笑いあえる関係なのか


お互いが無理をしないで良い方が、恋愛が長続きするコツだと思います。

 

コメント