おすすめ恋愛映画!邦画と洋画

               

毎年数多くの邦画・洋画が公開され、なにを観ればいいのか迷ってしまいます。
また、名作や傑作と言われる昔の作品もたくさんありすぎて、どれから観ればいいのかわからなくなってしまうのではないでしょうか?

青春はいくつになってもあるものです。邦画や洋画の作品の中にはたくさんの青春恋愛映画が公開されています。
皆さんは恋愛映画は好きですか?よく行きますか?

映画といっても恋愛・アニメ・アクションなど他にも色々とあります。
一緒に見る相手によって選ぶ映画も変わります。

恋愛の映画でしたら、パートナーがいる方、いない方関係ないと思います。
感動あり、笑いあり、わかりやすい恋愛の映画がたくさんあります。

恋愛映画を見ると、幸せな気持ちになったり切なくなったり感動したりと、まるで本当に恋愛しているような気分を体験できます。
胸がキュンとするような内容から大人の恋愛まで、夢中になれる映画が沢山あるのです。

夫婦・彼氏・彼女・友達でなくても、一人で観ながらドキドキ・ワクワク思わず恋がしたくなり、楽しめる映画もたくさんありますので、時間があるときにおすすめの恋愛映画を是非見てください。

おすすめ恋愛映画 洋画

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離

フランス人女学生のヒロイン・セリーヌはヨーロッパを走る長距離列車の中で、喧嘩をしている面倒な夫婦に圧倒され、他の場所へ! 
その移動した席にアメリカ人の男子学生ジェシーが隣に座っていて出会うのです。 

車内にうるさく響き渡っている夫婦喧嘩の声に我慢が出来ない二人、ジェシーは「食堂車に行かないか」と誘い食堂内で向かい合いお互いの事を話します。 

ジェシーは次の朝の飛行機でアメリカに帰るためウィーンへ。 
セリーヌは生まれ育った所に帰るためパリへ。考え方は違うものの、気が合い、楽しい時間を過ごします。

やがて、列車はジェシーが降りるウィーンへ近づき、寂しくお別れの言葉を言い合うのです。 
電車を出て行ったと思ったのですがジェシーが、荷物を持ちセリーヌの所に戻ってきます。 

「もっと君のことが知りたい、だからウィーンを一晩中歩いて欲しい」 とジェシーはセリーヌを説得するのです。 

そうして二人はウィーンの街を歩きながら、ときにはカフェに入ったり、船に乗ったりしながら、お互いのことを色々と話し合うのです。 
次第に惹かれあっていく二人、でも明日の翌朝にはジェシーはイヤでもアメリカへ帰らなければいけないのです。

好きなのは私だけ? 惚れているのは僕だけ? 一晩限りという短い時間の中で、二人の距離はどんどん近づいていくのです。

 

マイ・ブルーベリー・ナイツ

こちらはシンガーソングライターのノラ・ジョーンズさんが主演の作品です。
失恋した時は辛いけど、たくさんの人との出会いで人生を学び、時間と共に心の傷が癒されていく映画です。

とても情熱的でそんな恋愛をしたくなるような映画で、新たな恋を探したい気分にさせてくれます。

 

ブルーバレンタイン

主演のライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズが思想や行動が度を越して激しい性描写、体重増加もいとわない体当たりの演技をし、ゴールデングローブ賞にノミネートされた作品です。

二人が出会い、そして破局するまでの経緯を現実的な物語、迫真に迫る演技で描いた、バッドエンドのラブストーリーで、男女の難しさを再認識させてくれる悲しくて深い映画です。

ブロークバック・マウンテン

愛は男女間のものだけではないと教えてくれるのがこちらの作品です。

舞台はアメリカのワイオミング州、保守的なアメリカ西部にて牧場手伝いのイニスと仕事仲間のジャックとが20年以上にわたり愛しあう、男性同性愛のラブストーリーです。

混じりけがない純粋で美しい愛を、デリケートな物語と共に愛を紡ぐ本作は、同性同士の愛を苦手とする方でも、心が揺さぶられるような映画です。

 

エターナル・サンシャイン

失恋をした主人公ジョエルは、別れた恋人クレメンタインが自分の記憶を手術で消したという事実を知って、自分もクレメンタインとの思い出を消そうと決心するという空想的な小説まじりのラブストーリーです。

過去の愛、その思い出も自分を形づくる一つの大事な要因であるということを深く教えてくれる名作です。

おすすめ恋愛映画 邦画

ただ、君をあいしてる

大学の入学式に幼い容姿でひときわ目立つ個性的な女の子の静流(宮崎あおい)に出会った誠人(玉木宏)。

誠人はコンプレクッスを持っていて、その為人と付き合うことが苦手でした。

しかしそんな誠人が彼女とだけは自然に打ち解けて話すことが出来きました。
そんな誠人に恋をした静流は二人で一緒に毎日のように森へと写真撮影に出かけていたのです。

しかし別の同級生のあの子の事が誠人は好きで、静流を女性として見てくれないでいたのでした。

 

蛇にピアス 

目的もなく、考えなしに東京・渋谷の街をふらつく少女・ルイ。
19歳の少女は生きる意味が分からなくなり、いつもストレスや不安を抱えていました。

ある日、ルイは一人の青年・アマと出会い、意気投合して付き合うことになります。
赤毛のモヒカン、体中のピアス……気づけば視界は暗闇に包まれたアマの蛇のように割れた舌に魅せられ、彼に紹介された店の男(シバ)とも関係を持ってしまうのです。

危ない三角関係と、舌ピアスや刺青による痛みと心地よく楽しいことがルイの心の寂しさを埋め、彼女に「生きている喜び」を与えました。

ルイはようやく支えてくれるものを得ますが、アマが起こしたある暴力事件がはじまりとなり、3人の運命は意外な方向へ突き進んでいくのです。

純粋であればあるほど惑い、体の奥底から湧き上がってくるような不安と心の動きに身を任せる、いわゆる”荒れる子”が行き着く先の片鱗を見たような気がしました。

ピアスや刺青に、そうなってしまう感覚を理解できなくても、ルイと同じような漠然とした不安を、若い時代には多く感じたと思もいます。

愛情と憎しみは人の中で一番強い感情だと思うので、この映画の激しさは、混じりけが無いものの裏返しかもしれません。

遠い世界のようで、誰もが足を踏み入れる可能性のある二つのものの関係が一つ世界となっています。
その深淵から、人はなぜ生きるのか、生きる意味も頑張る力も消滅してしまうからです。

1度きりしかない人生、後悔しないように生きようとするヒロインの純粋な青春ドラマです。

 

100回泣くこと

中村航さんのベストセラー小説が映画化されたものです。
大倉忠義さんと桐谷美玲さんが主演を務めています。

原作自体のネタバレですが、本当に短いお話で、ストーリーだけ見ると彼女が病気になって死んでしまうという結構ありがちなストーリーです。

ただ、「100回泣くこと」というタイトルから分かる様に、物語の最後的な結果はだいたい分かってしまうのですが、どうしてか最後まで飽きさせない映画となっているのです。

なぜかと言いますと、ストーリーに無理や無駄がないので、すっと感情移入できる作品になっているんです。

しかし原作の設定では不十分と思ったのか、今回の映画化にあたり主人公藤井が「記憶喪失」という
大胆な物語の変更がありました。

この設定は原作の良さをダメにしてしまう結果になりかねませんので、意地悪かもしれませんが、いかに単なるお涙ちょうだいの映画とならない様になっているか見どころの一つです。

原作の前半には落ちついた中にも、プロポーズシーンや極甘な同棲生活が丁寧に描かれているので、
大倉忠義&桐谷美玲2人の甘いシーン、ファンにとっては期待して見られます。

後半は、愛する彼女の余命に気付いてしまいギリギリの中で生きていく中、やがては彼女は死を迎え、壊れていく、役者、大倉忠義のそんな表情・演技が秀逸です。

病魔に侵されてしまった女性と、事故で記憶の一部を失ってしまった男性の切ないラブストーリー!
思いを寄せる二人に立ちはだかる大きな壁を、二人は乗り越えられるのか・・・。

深い愛情を感じられる、恋愛映画となっています。

 

NANA

人気漫画が原作の映画「NANA」の続編映画です。
予期できないような事が続き、同い年で同じ名前の小松奈々とルームシェアをしている大崎ナナ!

元恋人のレンと復縁しバンド活動に力を入れるナナと、新しく思いを寄せる恋に悩む奈々!
仲良く住んでいた二人でしたが、奈々の妊娠がきっかけでそれまでの関係がダメになりつつあるのです。

ヒロインの大崎ナナは、もう一人のヒロイン・小松奈々(通称ハチ)と、偶然が重なり同じ住居の中で生活をすることになりました。

自身のバンド「BLACKSTONES」(通称ブラスト)のメジャーデビューを目指してバンド活動に力を入れるナナは、元恋人でバンド仲間、現在は人気バンド「TRAPNEST」(通称トラネス)でギターを務めている本城蓮(通称レン)とよりを戻し、充実した日々を送っていました。

一方のハチも、元恋人に捨てられたショックから徐々に立ち直り、ナナや、ブラストのメンバーの高木泰士(通称ヤス)、寺島伸夫(通称ノブ)、岡崎真一(通称シン)らと愉快な毎日を過ごしていました。

ちょうどその時、ハチは務めていた会社をクビになってしまうのです。
どうしていいか分からなくなって困った時、ハチの携帯に入った着信は、ハチの憧れの人で、トラネスでベースを務める一ノ瀬巧(通称タクミ)からでした。

ハチは喜び、タクミと二人で食事に行くことになります。

 

モテキ

大人気コミックを完全オリジナルストーリーで映画化!

ある日突然“モテ期”を迎えた暗く沈んでいる草食系男子が、恋にエロスに思いのままに相手をもてあそぶのです。

第1回モテキが過ぎて1年後、幸世は相変わらずセカンド童貞。
ある日ツイッターで話の合う松尾みゆきと出会って恋をするが、みゆきには彼氏はいるのです。

みゆき?は目的地へ行く途中、ある地点を通り桝元るみ子とも出会うのです。
るみ子と関係は色々あるが好きにはなれない幸世は、みゆきに告白、一応都合よくめでたく終わる映画「モテキ」です。

まとめ

大人になりますと、恋愛も様々ですし、色々な恋愛があることを学んでいきます。

心に残る、心に染みるラブストーリーをあなたはまだ見逃しているかもしれません。

観ていて飽きるどころかその世界に入り込むような恋愛映画ですので、ぜひご覧ください!

 

コメント